オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS オランダの動物園

<<   作成日時 : 2005/01/31 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
 住んでいるところから徒歩2分の距離にある動物園に行ってまいりました。

 え?なぜかって?それはもちろん、やることがないから知的好奇心からですよ。オランダの動物園って、どんな感じなのかなぁ、と思いまして。ほら、有名な美術館なんかは観光旅行でも行く機会があるでしょうが、動物園は普通なかなか行かないですよね?でもせっかく留学してるんだし、部屋から近いし、動物を見ると癒されるし、と思い行ってみました。

 ちなみに動物園のことはオランダ語で dierentuin というみたいですが、アムステルダムの動物園には Artis という通称があり(蘭日辞典にも固有名詞として載っていました)、それしか使わないそうです。このArtisというのは、

 Natura Artis Magistra 「自然は芸術の教師なり」

というラテン語の格言(?)から採られているとか。へー、そうなんだ、4へぇ、などと呟きつつ入場口に到着。入場料は…、

16ユーロ!?(2000円くらい)

た、高い…。動物園に2000円…。「くそー、オレの一日の食費が4.5ユーロだっていうのに、ボッタクリやがって…」と思いましたが、このまま帰るとなると、動物園の名前の由来まで調べて盛り上がった気持ちを持て余しそうなので、泣く泣く16ユーロを払い(大げさ)、入園。日曜日ということもあってか、園内のほとんどは家族連れでしたが、カップルや老夫婦などの姿もチラホラ見られました。もちろん、男一人で若くなくて東洋人で、と三拍子揃っているのは僕一人でしたが。

 で、肝心の園内のコンテンツですが、

規模は、上野動物園を少し小さくした感じ(歩き回ってもそんなには疲れない)。
動物のラインナップは、上野動物園からパンダを除いた感じ(目玉は…、ライオン?いや、トラか?ヨーロッパではトラの値段が高い、みたいな掲示があったし)。
動物の見せ方は、上野動物園の柵をやや低く、近くした感じ(もちろんトラやライオンは檻の中だったり、少し離れていたりしましたが)。

というところで、特筆すべき点は特にありませんでしたね(上野動物園に行ったことがない方、わからない例えでごめんなさい)。まぁ改めてまとめれば、ペリカン(写真参照)を直近で見ていたときに、彼らがいきなり「グヮグヮグヮ」と突然鳴き出して「ウワァ」とペリカンよりも大きな声を出して1メートルくらいのけぞり、そばにいたお人形のようにかわいいオランダ人の少女に冷笑されたのが本日の目玉、というくらい普通の動物園巡りでした。今思いつくのはこの程度ですが、たくさん写真を撮ってしまったので(何だか自分で間が持たなくて…)、また思い出したら何か書こうと思います。

 ともあれ、久々に動物を見れてかなり楽しかったのは確かです、ハイ。


↓クリックして頂けると嬉しいのですが、無理にとは申しません。
人気blogランキング参加中
ブログサーチランキング参加中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
黒い刺客
 昨日のエントリで、 ...続きを見る
オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム...
2005/02/01 16:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
動物園とはまったく関係ないですが、オランダ語の調子はどうですか?僕はレッスンが始まりましたけど、幸いにもクラスに3人しかいないので、話せないなりにも楽しくやっています。けれど、同じクラスのフランス人の女の子とイギリス人の青年の理解の早さには日本男児もタジタジです。頑張ります。
こんにちわ
2005/02/01 05:45
どうも、お久しぶりです。オランダ語の調子はですね…、
はっきり言ってイマイチです!
始めから会話などは諦め半分で、文章を読めるようになれればいいや、と思っていたのですが、それも怪しい感じです。まぁ僕も勉強すること自体は楽しいので、気楽にやっていこうと思っておりますが。お互い頑張りましょうね!
もんきち
2005/02/01 16:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
オランダの動物園 オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる