オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルギーといえば

<<   作成日時 : 2005/02/21 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 ベルギー遠征の感想を書こうと思うのですが、まずはじめに、遠征前の自分にとってベルギーといえば何だったのか、というところをまとめておきたいと思います。

@ベギーといえば、ベルギーワッフル

Aベギーといえば、小便小僧

Bベギーといえば、『フランダースの犬』の舞台となった町があるらしい。でも地元では有名な話ではないらしい。

Cベギーといえば、ブリュッセルとブルージュくらいしか思いつく都市がない。

Dベギーといえば、かつてJUPILER LEAGUE(ベルギーリーグ)で地味に活躍していた鈴木隆行(鹿島アントラーズ)…ではなくて、本田征治(ヴィッセル神戸のGK/写真はヴィッセル神戸のオフィシャルウェブサイトから拝借)を思い出す。

 このうち@とAは、現地で体験してまいりました。Bについては、ネロ少年「寝ろ少年」という変換にしびれたとパトラッシュが住んでいたホーボーケンという町が、アントワープからトラムで20分ほどのところにあるらしいですね(行きませんでしたが)。Cは、えー、恥をさらしますが、ブリュッセルがEUの首都だということすら知りませんでした。このうち、@とAとCについては、後のエントリで触れることになると思いますので、今回はパス。

 で、Dなんですが…。説明が難しいな。でもやってみよう。

 自分が注目している分野の人で、決して一流でもないし話題性があるわけでもないんだけど、なんだか、妙に気になってしまう人っていませんか?その道のトップランナーや大スターではないから、一般的な知名度や人気はあまりない。加えて自分も、「その人のファン」というほど、その人に積極的に関わりたいわけではない。その人の動向が「むきかけのささくれくらい微妙に気になる」という人が、皆さんが興味をお持ちの分野に一人はいるのではないかと思います。僕も中学時代からサッカーにのめりこんでいてそんな選手が数人いるのですが、そのうちの一人が本田征治選手です。

 本田征治選手は現在28歳ですが、かつてはユース代表に名を連ねたこともあるほど、将来を嘱望されていた選手でした。高校時代から注目されていた本田選手は、サッカー専門誌が高校選手権に合わせて出場選手特集を行った際に、

 「和製プロドオムとでもいうべきしなやかな動きに将来性を感じる」

と評されていました。

 和製プロドオム!

 プロドオムは、当時のベルギー代表のGKで、日本での知名度は高くなかったものの、そのプレイは世界的に高く評価されていました。GKが大好きで世界の名GKに注目していた僕も、ウェールズ代表のサウソールと並んで、彼を当時の世界屈指のGKだと思っていました。ここでやっと本田選手がベルギーとつながるわけですね。回りくどくてすみません。ちなみに当時の日本代表の正GKは松永成立(元横浜)でしたが、川口(磐田)や楢崎(名古屋)など、若手に、イケメンで将来性豊かなGKが登場し注目され始めたところでした。僕は、和製プロドオムと評された本田選手を川口以上と評価するとともに、「川口、楢崎、本田と比べると、松永や前川(元サンフレッチェ)の旧世代は…めちゃくちゃ不細工に見えるなぁ」などど、自分の顔は棚に上げて呟いていたものでした。

 その後の彼のキャリアを見ますと、残念ながらその才能が十分に発揮されているとはいえないのですが、彼の名前は、そのコピーとともに僕の記憶にしっかりと組み込まれ、以後何とはなしに彼の動向が気になるようになっていったわけです。名古屋グランパスでなかなかチャンスに恵まれないことに気をもんだり、レンタル移籍した平塚でJデビューしたときはホッと胸を撫で下ろしたり、「J屈指のセカンドゴールキーパー」と名古屋サポに言われていると知ったときは微妙に哀しくなったり…。

 さて、今年からヴィッセル神戸に完全移籍し、レギュラー定着を目指していた本田選手ですが、キャンプでアキレス腱断絶、全治3ヶ月という大怪我を負ってしまったようです。この3ヶ月というのは歩けるようになるまで、ということのようですから、ピッチに立つことができるようになるまでは、さらに先のことになるでしょう。つらいリハビリも待っているでしょうし、年齢的にも既に中堅の域に差し掛かっていることを考えると、今後の選手生活は厳しい、という見方もあるのかも知れません。が、しかし!それでも僕は、ひっそりと、本当に陰ながらですが、応援し続けたいと思います。頑張れ、「和製プロドオム」!

 何だか今回はえらく脱線してしまいましたが、次回から今回のベルギー遠征についてボチボチ書こうと思います。どうかよろしくお付き合いくださいませ。
 

↓『頑張れ、本田征治!』の念とともに、クリックして頂けると嬉しいです。
人気blogランキング参加中
ブログサーチランキング参加中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本文を読まずに本田選手の写真を見て”エッ、もんきちさんすんごい男前”と固まってしまい、午後からのアムステルダム行きの飛行機を探しそうになりました。もんきちさんが似たりよったりの風貌でしたらご連絡お願い致します。
私はブリュッセル・ブルージュ・アントワープとまわりました。ベルギーはコンビニ並にチョコレート屋が多いですね。日本輸入価格と比較すると店ごと買い占めてしまいたい衝動に何度もかられました。貝もデザートも美味しく服や雑貨のお店がお洒落だった印象があります。街角にはロン毛でちょっとよれてるけどトレンチコートを羽織りピスタチオ色のブーツもといゴム長を履き、手には横文字新聞を持つホームレスのおじさんがいたりして、友人と「お洒落な国は違うね、何もかも」と感嘆した思い出がございます。
親子大好き
2005/02/21 19:53
親子大好きさん、こんにちは〜♪コメントありがとうございます!
えー、すみません、なんと申しましょうか、ものすごーく残念なんですが、私は男前…、ではありません(笑)。惜しい、男前だったら親子大好きさんにお会いできたのに(笑)。
そうそう、ベルギーは基本的にオサレーな国ですよね。オランダから行くと余計そう感じるのかも知れませんが。それとチョコレート屋ですが、本当に多いですよね。僕が食べたチョコレートはどれも美味しかったのですが、お店によって結構価格差があったような…。やっぱり格付けみたいなのがあるんでしょうね〜。
もんきち
2005/02/23 00:41
またぁご謙遜を。実は本田選手に似てるって言われるんでしょう(期待大)?
チョコレートも老舗系の店が値段が高いのかもしれませんね。そういえばワッフルの匂いが中央駅からすごくありませんでした?地下のロッカーの横でニヤケ顔のおじいさんが製造販売してるのをみつけ電車でバリバリ食べました。私はざらめタイプが好きですが、もんきちさんはどちらがお好きでした?旅行にいけば痩せるんですけどベルギーでは太りました。
あと話かわりますが、オランダ人ってフレンドリーなんですか?背が高くてフレンドリーなオランダ男。来月からオランダに住みますのでよろしく。
親子大好き
2005/02/25 23:21
親子大好きさん、いつもありがとうございます!えー、だいぶ誤解されているようですが、もし似ているっていったら本田選手のファンが激怒すると思います(笑)。
確かに、ゴディバやノイハウスは高かったような気がしますね。あとワッフルですが僕も外がカリッとしたブルージュタイプのほうが好きです。もちろん、どっちもンまいんですけど。
それと、オランダ人は基本的にフレンドリーですよ。背が高いのはオランダ人にとってデフォルトなので、多分問題ないです。あとこれは僕の僻み(?)も入っているかもしれませんが、かっこいい男性が多い気がします。どうです、ワクワクしてきたでしょう?(笑)
もんきち
2005/02/26 07:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルギーといえば オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる