オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリュッセルのあの娘

<<   作成日時 : 2005/02/23 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
 さて、ベルギーに行った話ですが。
 
 ベルギーに行ったといっても、実はブリュッセルとブルージュにしか行っていないですし、ガイドブックに取り上げられているところを駆け足で見て回った程度ですので、大した感想などないわけです。

「チョコレートが美味しい。ワッフルも美味しい。総じて料理がンまい。風景がきれいだ。全体的に、オランダに比べてオサレな感じがする。ベルギー人、オランダ人より小さいな〜。あ、『タンタン』ってTINTINって書くんだ」

 これで今回の遠征の感想ほぼ終わりなんですが。それだと即終了となってしまい、困ってしまいますね(僕が)。そこでムリヤリ注目したのが、あれ(写真。絶妙なアングルで撮っている僕を褒めてください!)。

 そう、小便小僧(Manneken-Pis)の相方、小便少女(Jeanneke-Pis)です。

 小便小僧には、「思ったより小さなぁ。あと普通に街角にあるんだ」と平凡な感想を抱いた僕ですが、小便少女には驚かされました。ガイドブック(『トラベルストーリー31 アムステルダム ブリュッセル ブルージュ』昭文社、P.139)には、

ブリュッセルには「小便少女」も存在する。エイズ撲滅のキャンペーンの一環で建てられたのだが、小便小僧にはうってつけのパートナーという訳だ。小便小僧の素朴な造形に対して、こちらは少々リアルな印象。賛否両論だが、果たしてあなたの感想は?

とありました。実を言うと大した期待もせずに訪れたわけですが、

○小便小僧には、平日の昼間にも関わらず結構な数の観光客が群がっていたが、小便少女はゼロ。あまりに人がいないので、本当にこれでいいのか、と何度も思った。知名度ないんだね、きっと。
○小便小僧が街角の日の当たる場所にいるのに対し、小便少女は路地裏の奥まった場所。しかも営業していない店舗に囲まれている。周りの掃除も行き届いていない。総じて言えば、うらぶれている
○ガイドブックにあるような「リアルな印象」(って、この場合なんだろう?正面を向いていることか?)は持たなかったけど、少なくともなんで笑顔で用を足しているのかはわからなかった。

という具合にビックリさせられたわけです。個人的な感想としては、『「ありか?なしか?」でいえば「あり」だと思うけど、これが本当に「エイズ撲滅」を願って建てられたとしたら(1980年代に作られたみたいです)、あまりにもほったらかしすぎるのでは?』といったところです。何とかしようよ、ブリュッセル市のお役人さん!

 それはそうと、この小便少女、女性が見るとまた違った感想があるのでしょうか?


グラン・プラスにも王宮にも触れていないダメ遠征記ですが、よろしければクリックしてください!
人気blogランキング参加中
ブログサーチランキング参加中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブルージュのおもひで
 ブリュッセルで小便少女に驚いた翌日、ブルージュに行きました。これまた大変美しく歴史を感じさせる町で、街中を走る馬車が風景にマッチしておりました(写真は、車を後ろに従えながら、仕事中にもかかわらずカメラ目線をくれたプロ意識の高いウマ)。街中という生活空間に、あそこまで歴史を感じさせる建物があるなんてすごいですよねぇ。 ...続きを見る
オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム...
2005/02/25 07:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
私もベルギー、だいすきです!

私は、アムスからタリス号でアントワープに入ったのですが。
まずはホントワッフルのうまさに感激!
『ワッフル』とはその名の通りうまさのあまりの感激の『ワッフル!』なのだと・・・。
そんなくだらないことはおいといて、小さい国ながらもEUの本拠地となるべくすばらしい街でした。
あーーーーまたいきたーーーい!!!
SHANTI
2005/02/24 01:44
SHANTIさん、こんにちは〜。コメントありがとうございます♪
いやー、ベルギーのワッフルは本当にウマー!ですよねぇ。日本で作られているものと何が違うのでしょうか…?材料とかは対してほぼ同じですよね、きっと。旅行ゆえのハイテンションも関係しているかもしれませんが、僕もそのうまさに『ワッフル』となりました、ハイ。
もんきち
2005/02/25 04:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブリュッセルのあの娘 オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる