オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪魔の囁きメール

<<   作成日時 : 2005/03/25 05:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本物の学位が2週間以内に取れる!


君はこれまでに、「自分がいい仕事にありつけなかったり高給取りになれないのは、自分の名前の後ろに数文字欠けているからだ」、なーんて思ったことはないかい?なら今こそ、その数文字を名前の後ろにつけてやりなよ!

学士号(BA、BsC)、修士号(MA、MsC、MBA)、博士号(PhD)

 2週間以内!

 一切の勉強不要!

 100%本物の証明付き!


 これらの学士号、修士号、博士号はマジで本物だから。本物だっていう証明もついているし、学籍や成績証明書もつけられるよ。これ、今まで長い間ほとんど知られてこなかったとっておきの秘密なんだけど…。実は法律に抜け道があって、ちゃんとした大学でも自由裁量でこういった学位を出せるんだよ。まぁ、こういうふうにニュースになっちゃったから、この抜け道がすぐにふさがれちゃった、なーんてことになってもオレは驚かないけどね…。というわけで、

 
今すぐ連絡をくれ!

 下の番号に電話をくれればオッケーさ。

 きっと後でオレに感謝することになるからさ…。

















 という、院生にとっても悪魔の囁きメールが、ここのところ連続して僕の元に届いております。原文は英語ですが、適当にそれっぽく訳してみました(連絡先の電話番号もアメリカになっていました)。これ、いまオランダにいるから届いたのかなぁ…?ちなみに一応補足しておきますと、冒頭の「名前の後ろの数文字うんぬん」というのは、欧米では履歴書などを書くときに

A. Monkichi(MA, BA)

のように名前の後ろに学位を書く習慣があり、そのことを表していると思われます。

 まぁ、僕の専攻分野の現状では、学位を持っていたからって就職先がある、というわけではないので…、まったく、えぇ、うん、気に…、気になんかならないですよ。

 …。

 って冗談はさておき。

 正直な話、仮にも研究職を志すものとして、こういう不正手段(この文章によれば、法律の抜け道を使うんだから「不正」ではない、ということなんだろうけど)を使って学位を欲しいとはまったく思いません。だいたい、そんな手段で手に入れても意味ないですしね。

 ただ、いったいいくらで売っているのかだけは気になります。もっとも、ものすごーく高くてもあれ(?)ですけれど、もし信じられないくらい安かったら、「自分が今していることっていったいなんなんだろう」と少し考え込んでしまいそうですが…。

 アダルト系のスパムメールと違い(同じか?)、やましいこともないのに少し心がざわざわするメールのご紹介でした。それでは…。






 え?アダルトな話題はどうしたって?

 なに言ってるんですか、今日からイースターですよ!キリスト教信者の方々にとっては、クリスマス以上に聖なる日ですよ!(イースターの詳細については、こちらのページなどでご確認ください。ちなみにオランダのイースターは、来週の月曜日(28日)までだそうです。) 

 アダルトな話題なんて、とんでもない!

 少しトライしてみて、「ヘタレでもいい…。やっぱり自分にオランダのアダルト報告は無理だ」と打ちのめされていたのは秘密です。



 ↓「ポルノ劇場の客引きのおじさん、お願いだから卑猥な日本語を大声で連呼するのはやめてください」「かなり引くよね、あれ」
人気blogランキング参加中
ブログサーチランキング参加中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわっ!ご無沙汰しています!
昨日、今日と、素敵なテンプレートというか、バナーというか、(なんて言うのか忘れちゃいました)ですね!このページの滝は華厳の滝のわけないですよね??ちょっと似てるかなあなんて思ってしまいました。
まさぼう
2005/03/25 08:48
まさぼうさん、こんにちは〜!お元気でしたか?
このテンプレート(でいいのかな?)なんですが、ウェブリブログ内で「ランダム・風景」っていうのが新しく出来たので、選んでみたんですよ。微妙に1周年記念キャンペーンにも絡んでいるみたいなんで…。なので当然僕も正体がなんだかわかっていないのですが、確かに華厳の滝に似てますね〜。
もんきち
2005/03/27 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪魔の囁きメール オランダ留学!〜もんきちのアムステルダム滞在記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる